風かをる 平成20年12月号

2009年03月13日(金)

今年はどんな年でしたか?
 日本漢字能力検定協会は十二月十二日に今年の漢字として「変」を発表しました。

 十一万通を超す応募のうち六千三十一通の人が選んだということです。 「change」を訴えたオバマ氏が次期大統領になったことや、日本の首相が短期でかわったこと、世界経済の大“変”動・気候変動など、変わる、変化する年ということで選ばれたのかも知れないという解説でした。

 三年生の廊下に、国語・筆文字の学習の「2008年のあなたをあらわす漢字一文字は?」の掲示物がありました。三年生の今年の気持ちを表しているようで、紹介したいと思います。


『 歩 』 この一年間で自分の進む道を見つけ、歩むことができたと思います。

『 会 』 みんなと出会えてよかったと思った。合唱コンクールなどで力を合わせて取り組めてよかったと思う。

『 愚 』 後先を考えず目先にある楽しいことばかりし、結局困ることが多かった。「後悔先に立たず」とは、よく言ったもので愚かな一年を送ってしまったから。

『 道 』 今年は、自分が進む道を求めて生きていたような気がしました。

『 流 』 周りに流されつつ、頑張って踏みとどまってみたり、色々と試行錯誤した一年でした。

『 挑 』 今まで後回しにしてきた事や、あきらめていた事に挑戦していくことができたから。

『 人 』 とふれあう日がとても多く、人の心をとても感じることが多かった。

『 自 』 物事を自ら考えようとし、自分で決めることができた一年だったから。

『 考 』 時間をかけて、考えたからです。

『 謝 』 感謝の「謝」です。今年は、周りの人から一層助けられたことが多く、この文字にしました。

『 友 』 友達にたくさん助けられたから。いつも一緒に居て、たくさん笑ったり話をしたことが楽しかった。

 中学三年生という大変な一年を、真正面からしっかりと受け止めて、進路を決定している様子が伺えます。若者は、世相よりもずっと純粋で温かいから、まだまだ希望がある、と、選んだ漢字から感じました。

 二学期が、終了しました。学年PTAの資料に二学期のまとめがありました。

 一年生は、よく学び学習の成果も着実に上がっています。行事で、協力や団結を学ぶことができ、成長しました。

 二年生は、エネルギッシュな活動で全校を支えました。役員選挙も積極的に取り組み、生活の様子をみても全校のリーダーになる自覚ができつつあります。

 進路を決める三年生の大変さと、大変な時こそ支え合えるお互いの関係の深さ、そして自分のことは最終的には自分でしっかり考える姿を紹介したくて、この号の発行になりました。みなさん、良い年を迎えて下さい。


親子の手紙

 今年も皆さんの力で、完成しました。じっくり読んでいくと、自分の親子関係まで考えさせられます。親子のあり方など子育てについての研修活動などPTA活動として必要視される中、特筆される活動と思います。三年生で取り組みます。

更新日:2009年03月13日 10:16


:arwright: トップページ :arwright: 新着情報 :arwright: 学校ブログ :arwright: 連絡事項
:arwright:
学校便り :arwright: 行事予定表 :arwright: 部活動紹介 :arwright: 学校いじめ防止基本方針
:arwright: ご案内 :arwright: 学校経営 :arwright: 学校ホームページの作成上のガイドライン :arwright: 特色 :arwright: 校歌 :arwright: 沿革
Total522742 7days1506 Yesterday224 Today135 IP check in 30 min Since 2009-03-09