風かをる 平成21年7月号

2009年07月14日(火)

このねばり強さは!
 

 野球場に入って、入り口に立ちスコアボードに目をやると、一回表3点が相手校山辺中に表示。

状況が飲み込めない。試合開始予定から3時間以上経っているのに、なぜか一回の表。周りを見渡していると



 「すごい試合ですよ!」

声を掛けられた。

彼は、私が十二年前に一中にお世話になった時の卒業生で、野球部に所属。

彼の話で今は延長十一回で相手チームが三点取ったことがわかった。

一回の表にだけ点数が表示されているが、本当は、


山辺中 
000 000 011 23
天一中 
000 000 011 2
 これがスコアーだとわかった。

延長十回以上は表示できないのでそうなっていた。



 延長十回の表、三点差がついてしまった。

延長九回からは特別ルール・ノーアウト満塁から始めるという決まりだが、三点は痛い。

なお攻める山辺中バッターは、痛烈なライナーを三遊間に飛ばしたが、サードの有川君がダイビングキャッチでようやくチェンジした。



 十回の裏、天童一中の攻撃。

ノーアウト満塁から始まる。

ワンアウト後、一番の有川君がフオァボールを選び、押し出し一点。

二番の山口君が、ワンツーから守備するレフトの頭上をライナーで越し、ボールが外野を転がる間にランナー三人がホームに帰り三点を挙げ、劇的な逆転サヨナラ三塁打の勝利!


山辺中 000 000 011 23 7
天一中 000 000 011 24x 8x

 得点されても、得点されても、あきらめずどこまでも立ち向かって点を返し、最後に勝利をものにした選手諸君の姿に本当にしびれました。

頭皮がピリピリとはじけるような感覚です。

本当に「すごい試合」でした。



同じようにソフトボール部も
 あとで、ソフトボール部もすごい試合をしたと聞きました。
天一中 004 023 102 12
天四中 103 501 001 11

 この試合は、二試合目です。

追いつ、追われつのすごい試合であることが、スコアからもわかります。

延長八回の裏、ワンアウト、ランナー三塁の相手の攻撃で、センター小林さんがライナーを好捕し、タッチアップの走者を矢のような返球でホームベース上でタッチアウトしたことで、九回の得点に結びつき、その裏を一点で抑えて、勝利につながったとのことです。


 たくさんの部でドラマがありました。



 地区総体が終了して二週間経ちました。
やり残したことはないかのように、落ち着いて生活しています。
学習に真剣です。
本格的な「学習モード」に切り替えるには、まだまだ自分との戦いが続くと思いますが、この戦いにも、きっとそれぞれ勝利するでしょう。


 県大会出場の部・選手は、また次の目標に向けて動き始めました。
惜しくも敗退した部は新しいメンバーで準備を始めました。
県大会出場の男・女駅伝チームも再結成し、練習を始めます。


 保護者・地域の皆さんの、これまでの物心両面にわたる応援に感謝します。



郡役所資料館へどうぞ
 今、市の郡役所資料館では「おらほの学校の自慢展」が開催されています。
市内小・中学校16校がそれぞれの学校の自慢の品物や事柄を展示しています。
一中では、「英知」「活力」「気品」について展示しました。
ぜひ、足を運んでごらん下さい。
8月23日(日)までです。
 

更新日:2009年07月14日 10:48


:arwright: トップページ :arwright: 新着情報 :arwright: 学校ブログ :arwright: 連絡事項
:arwright:
学校便り :arwright: 行事予定表 :arwright: 部活動紹介 :arwright: 学校いじめ防止基本方針
:arwright: ご案内 :arwright: 学校経営 :arwright: 学校ホームページの作成上のガイドライン :arwright: 特色 :arwright: 校歌 :arwright: 沿革
Total522744 7days1508 Yesterday224 Today137 IP check in 30 min Since 2009-03-09