学校研究

2012年04月27日(金)


文部科学省指定 学力向上実践研究推進校 (平成20年度~平成22年度)

全国学力・学習状況調査等を活用した学校改善の推進に係る調査活用協力校

研究主題: 言葉を通じて、他とのつながりのある生徒の育成

 『習得』の場面と、『活用』の場面を意識して取り入れ、習得した基礎的・基本的な知識を深化させる授業。
 ↓
生きた場面で自ら使える力にしたり、習得を確かなものにしたりする。
 『言葉』を使って受信する・考える・発信する場面を取り入れ、自分の考えを持ちながら理解できるようにする授業
 ↓
思考力・判断力・表現力を伸ばし、人や事象との関わりを、より深いつながりのあるものにする。
 生徒の意識の流れを大切にした単元づくりを行い、必要感を持って課題や関わり合いに取り組む協同的な授業(継続研究)
 ↓
自ら学ぶ意欲を育てる

日々の授業実績・積み上げのある授業改善

学習スローガン 『友に学び、共にまなぼう!』
一中生徒のよさ
・必要性を持って学習活動に取り組めている
・課題に合った様々な学習形態で関わり合いを持てている
・課題から大きくぶれない呟きが出る
育成したい力
・自分の考えを持ち、自信を持って伝える力
・使える学力を身に付けているという実感
・生活の中での判断力、実践力

更新日:2011年07月07日 14:13


 
Total593729 7days1504 Yesterday245 Today228 IP check in 30 min Since 2009-03-09