ようこそ先輩「山口岩男さん」

2018年12月03日(月)

今年度2回目の「一中へ ようこそ先輩」は、シンガーソングライター、ギタリスト、ウクレレ奏者の山口岩男さんでした。
昨日の河北町サハトべにばなでのコンサートを終えたばかりのところでしたが、後輩のために100分、熱いトークと演奏でたくさんのメッセージを送ってくださいました。
演題は「コトバと食べものが君を創る!」
弟さんの早すぎる死のショックから心の病に陥り、立ち直ったご経験から、食品添加物、お酒、薬のこわさについて強く訴えかけてくださいました。
中学生で初めて買ったギターで歌った「一中校歌」、ウクレレで弾くショパン、山形弁で歌う「かえずのながさ はえずばへっで」、そして若者へのメッセージが込められた「島の少年」など、張りのある歌と美しい演奏が体育館に響き渡りました。
「好きなことを見つけよう。それは誰かを喜ばせることでもある」
「心臓はずっと動いている。先祖からつながっている。自分から止めてはならない」
「人にされて嫌なことは、絶対人にしない」
「無理するなと言うけれど、ちょっとだけ無理をしてみるんだ。ちょっとだけの無理が限界を伸ばしていく」
など力強いメッセージが心に強く残る講演会になりました。
遠くから後輩たちのためにありがとうございました!
これからのますますのご活躍をお祈りしております。










 
Total612211 7days1421 Yesterday249 Today013 IP check in 30 min Since 2009-03-09