Mさん宮城浩蔵賞を受賞。

2017年11月24日(金)

天童市の中学3年生で学業が優秀な生徒に贈られる宮城浩蔵賞に一中からMさんが選ばれ、他校の3名とともに11月23日(木)の生涯学習フェスティバルで授賞式が行われました。

授賞式後のスピーチでは、喜びと決意を自分の言葉で堂々と述べる姿に大きな拍手が送られました。

新生徒会が活動を始めました。

2017年11月24日(金)

11月14日(火)新生徒会役員立ち会い演説会と選挙が行われました。立候補の生徒は皆堂々と自分のやる気をアピールしました。

選出された生徒と各クラスの委員は、22日(水)に認証を受けました。

新執行部は雪の降る中もあいさつ運動をがんばっています。

「私のお父さん お母さん作文コンクール」

2017年11月24日(金)

11月1日(水)天童舞鶴ライオンズクラブ主催「中学1年生作文コンクール表彰式がありました。


本校から、3名が入賞し、優秀賞のTくんはお父さんへの素朴な愛情がこもった作文を朗読しました。

3年Hさんが天童東村山チーム代表として力走(山形県女子駅伝競走大会)

2017年11月19日(日)

11月18日(土)には結団式が開催され、市長さんや市議会議長さんたちから激励を受けました。先輩のTさんも第2区に選抜されました。


そして19日。時折雪の舞い落ちる天候にもかかわらず、選手の皆さんは力走を見せてくれました。
本校3年のHさんは中学校区間の代表に選ばれ、第4区間をしっかりと走り抜きました。

3年生で受験勉強もありますが、トレーニングを続けてきて代表に選抜され力走を見せてくれたHさんに拍手をおくりたいと思います。
天童東村山は第7位でした。
お疲れさまでした。

更新日:2017年11月19日 13:41

サッカー部も決勝大会で優勝

2017年11月12日(日)

新人決勝大会で、サッカー部が優勝しました。
よくがんばりました!

更新日:2017年11月12日 08:15

ソフトボール決勝大会で優勝

2017年11月05日(日)

11月4日、県中学校新人決勝大会ソフトボール競技が開催されました。
天童一中・中山中合同チームは代表3校で戦い1勝1敗。
3校優勝となりました。
大健闘です。


※写真は地区大会のものです。

更新日:2017年11月05日 09:19

「煌めき」素晴らしい合唱コンクールになりました。

2017年10月31日(火)

「煌めき〜未来への新たな一歩〜」のスローガンのもと、クラス合唱をはじめ、学年合唱や校歌、職員合唱で21曲の合唱の花が咲きました。
素敵な合唱の発表で一中50周年の歴史の1ページを飾る素晴らしい合唱コンクールになりました。
心を1つにしてクラスの合唱を創った学級の人たち
企画、準備、運営に携わった実行委員
それを支え、ともにがんばった先生たち
子どもたちのがんばりを観ようと駆けつけてくださった保護者
そしてお忙しい中厳正な審査をしてくださった審査員の先生方
関係したみなさんに感謝です。
一中の煌めく文化の祭典となった今日の合唱コンクールでした。










どのクラスも唯一の甲乙つけがたい合唱でした。
特に3年生はさすがで、迫力と美しさで息をつかせぬ合唱を聴かせてくれました。
審査の結果、次のクラスが受賞することになりました。
   【1年生】【2年生】【3年生】
最優秀賞 1組   5組   5組〔学校賞〕
 優秀賞 4組   2組   6組

更新日:2017年10月31日 20:00

合唱コンクールが近づいてきました。

2017年10月27日(金)

いよいよ合唱コンクールが次の火曜日に迫ってきました。
今、音楽の授業や放課後には、自分のクラスの合唱に磨きをかけている様子が伝わってきます。








10月31日(火)には、各クラスとも心を1つにして、最高の歌声を市民文化会館に響かせましょう。

更新日:2017年10月27日 23:30

県新人・新人南ブロック大会の結果【速報】

2017年10月22日(日)

10月21日に行われた県新人大会・県新人ブロック大会の結果をお知らせいたします。

ソフトボール(中山中との合同)  優勝…決勝大会出場
サッカー    優勝…決勝大会出場
バドミントン女子個人シングルス 県優勝
卓球女子団体   4位…決勝大会出場
剣道男子個人ベスト16…決勝大会出場

その他の部団体・個人も健闘しました。
決勝大会でもがんばりましょう。

更新日:2017年10月22日 14:54

一中へようこそ先輩③  鈴木李佳さん(バレエ指導者)&鈴木邦佳さん(ピアノ講師)

2017年10月16日(月)


鈴木李佳さんと邦佳さん姉妹が「夢に向かって」という演題でお話をしてくださいました。
妹の邦佳さんは5歳から始めたピアノの道を進み、ピアノ講師を務めながら、今も演奏家として学習を積んでいます。ガーシュイン作曲「リアルト・リップルズ」というピアノ曲を披露してくださいました。

そして、
「自分に自信を持とう」
「結果が出ない時期も、悲観的にならず、周りの目を気にしないで。
自分を認め堂々としていよう」とアドバイスしてくださいました。

姉の李佳さんは4歳からバレエを始められました。
バレエの先生にあこがれ、バレリーナより指導者になる夢を掲げ、努力を重ね、現在東根市でバレエ教室「カリーナバレエアカデミー」を立ち上げました。

「トウシューズをはくのが一番つらい」と思うほど、厳しくつらい練習を重ね、努力とがまんのくり返しの毎日を送った李佳さんは、もしいつかバレエをやめることがあってもいいように、バレエ以外の勉強もがんばったといいます。
「心のよりどころ」「(いい意味での)逃げ道」をつくっておくことも大事だというアドバイスもいただきました。
バレエの先生になった今でもまだ自分の夢が叶ったとは思わない。
これからもまだ自分の夢に向かって歩んでいく気持ちを持っていらっしゃる李佳さんでした。

最後に3年のKさんが「美しい演奏を聴くことができました。夢をかなえるため、努力し、つらいこと苦しいことに負けないことが大事だと思いました」と感想と感謝の言葉を述べました。
一人一人めざす道は違っても、好きなもの、あこがれるものを見つけ、努力や苦労を続けること。そしてずっと夢に向かって歩んでいくことが大事だということを教えていただきました。


これからも夢に向かって歩んでいってください。
後輩たちもがんばります!

更新日:2017年10月17日 21:39

 
Total573240 7days1681 Yesterday318 Today121 IP check in 30 min Since 2009-03-09